TOP > 企業団について > 第2浄水場について

第2浄水場について

 

josuijo_02_01

 第2浄水場は、石狩川水系千歳川を水源として昭和56年に一部給水を開始し、平成3年に完成した浄水場です。
この浄水場は千歳川の水質特徴を考慮し、粉末活性炭処理・マンガン接触ろ過池により浄水処理を実施する
高度浄水処理施設です。

取 水 量 : 7,040m3/日     浄 水 水 量 : 5,460m3/日
沈澱方法 : 傾斜板横流式    ろ 過 方 法 : 急速ろ過方式

 

第2浄水場 処理工程

process_02

 

josuijo_02_02

混和池

原水の濁りを沈めやすくするための薬品を注入して、ブロワーでかき混ぜる設備です。

josuijo_02_03

フロック形成池

混和池から来た水を大きくて長い水車板をゆっくりとした回転で不純物の固まり(フロック)を 大きくしています。水車板が回っている様子です。
回転速度は1分間に1~3回転程度です。

josuijo_02_04

流出渠

沈澱池の最終段階です。沈でん池水できれいになった水の上澄み部分をトラフ(緑色の部分)に導きます。

josuijo_02_05

マンガン接触ろ過池

砂の層でこしてきれいな水にするところで、きれいにするという意味では最終段階です。

josuijo_02_06

配水池

第2浄水場の正面にあり、水をためる施設です。また、ここから給水区域に送水しています。地震など災害時の飲料水を確保します。

josuijo_02_07

配水ポンプ室

配水池の水をポンプで圧力をかけて家庭などに送ります。

多段渦巻ポンプ
3.5m3/min×50m×55kw×400v×1台
1.43m3/min×50m×22kw×400v×3台

josuijo_02_08

薬品注入室

水をきれいにする為に使われる薬品は、このタンクに貯蔵され注入されています。

josuijo_02_09

中央管理室

原水から浄水になるまでの運転状況及び水質、水位、水量等の情報により監視制御しております。